« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

AO-51のL/Uモード

朝のパスでAO-51のL/Uモードに出てみました。聞こえた局をコールしましたが、自分のループもはっきり確認出来ない状態だったので、案の定交信までには至りませんでした。アンテナは1200がGPで、435は15エレでした。uplinkの周波数が合っていないようでした。

午前中は、息子の学校が文化祭なので家族で行ったついでに、校庭の臨時駐車場からVOに出ました。次のVOは三郷市から出ました。

・千葉県松戸市 VO-52  6QSO。学校の校庭から

Image00500 ・埼玉県三郷市 VO-52 6QSO

松戸から荒川を渡った、みさと公園の脇です。AOSからすぐループが取れたのですが、段々弱くなって、MEL頃からほとんど聞こえなくなりました。西方向に何かあったかもしれません。写真中央奥に写っている青い車が私のモービルです。

AO-51のL/Uモードですが、夕方のパスで数局と交信できました。ただ、自分のダウンリンクが弱く、アンテナの強化を痛感しました。高軌道衛星が上がったら、本格的に対応を考えないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JA6SZV/0 終了

21日の夜から出かけて、23日の夜に帰ってきました。思ったより天候の回復が遅く、目的だった白樺峠のタカの渡りは、期待ほどではありませんでした。23日は、佐久、軽井沢を回って、関越で帰ってきました。

無線は、最低限の運用でした。22,23日は周りが山なので、AOSは遅くLOSは早く、またFOはなかなかループが取れず苦労しました。

・21日 山梨県北杜市(八ヶ岳PA)   

     FO-29 AHA,PVF,TNL,NLE,KUT/1

・22日 長野県北佐久郡立科町 

     VO-52 KJR,KUT/1,PVF,KQJ,TNL,WLV,AZR,CQH,FWT

・23日 長野県小県郡長和町 

     VO-52 JXC,RYE,WLV,KQJ,RNY,CCH,QHQ,LRA

          FO-29 FWT,PTR,SJV,RNY

Img_8697 小県郡長和町。場所は大門峠です

Img_8700アンテナを分けました。145は24KG,435はSG-7900です。24KGは走行中は外して車の中に入れています。

Img_7919 白樺峠から、少し登ったタカ見広場から、松本方面を見たところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古い本

Img_8684 8月に実家へ帰ったときに見つけて、持ち帰るのを忘れていて懐かしいので、郵便で送って貰いました。初版は昭和48年で、これは昭和54年の5版で、AO-8号まで載っていました。現在は追跡プログラム(calsatやksat)がやっていることを複雑な数式で示してあります。特にPhase-3登場前で、低軌道衛星でのDXについても、相互距離や交信可能な窓等詳しく説明されていました。今AO-7が復活しているので、相手がいればK7やOH辺りまでと交信できるようです。

それからAO-16が再び復活しているようです。今日聞きましたが、信号は強く十分実用になるのですが、混信が凄いです。

JA6SZV/0の9/23の予定ですが、小県郡から東御、軽井沢と回る予定になりました。今のところ9時台のVO,FOは出るつもりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タモリ倶楽部

今日のタモリ倶楽部の話題は、「10分間に全てを賭けろ!手作りアンテナで宇宙からのメッセージを受信」でなんとSEEDⅡの受信でした。相変わらずの軽いノリで、タモリ、伊集院、オギヤハギ等の出演者が、2組に分かれて、通称500円八木アンテナの製作から、受信までやりました。一応受信は出来ていたようで、日大の製作者チームからベリカードをもらっていました。

慌てて録画をしましたが、頭の数分が切れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末、今年3回目JA6SZV/0

台風が近づいていますが、どうやらJA6SZV/0には影響ないようです。今回の目的はやはり息子の鳥見で、白樺峠のタカの渡り観察です。

行動予定は

・9/21 夜 @1204出発。途中夜のFOを運用。22時台は山梨、0時台は松本周辺。

・9/22  1時過ぎに白樺峠到着。終日白樺峠か状況次第で、乗鞍岳、夕方宿(白樺湖周辺)へ移動

     夜 VOorFOを運用。場所は北佐久郡立科町

・9/23  未定。朝のVOorFOは白樺湖周辺(茅野、諏訪、小県、北佐久)から出る予定

家族同伴で、アンテナはモビホの予定です。周りが山なので、MELの高いパスを中心になります。

タカの渡りについてちょっと一言:

タカと言っても沢山種類があり、習性もそれぞれ違っています。その中で渡りをする仲間がいます。春、南から日本にやってきて、繁殖して秋また南に帰る種類(サシバ、ハチクマetc)や、秋、北から日本にやってきて越冬して春に北へ帰る種類(オオワシ、オジロワシ、チュウヒetc)や、日本国内を季節に合わせて、北へ南へ移動する種類(ノスリetc)があります。今頃は春南から来た種類が、繁殖後南へ帰る時期にあたります。タカの渡りの調査の結果から、南へ帰る時に通るルートが序々に解明されつつあります。タカが通るルートで数が多く観測できるので有名なのが、長野の白樺峠、愛知の伊良湖岬です。今年も去年同様、今週末白樺峠、10月12日,13日は伊良湖岬へ行く予定です。     

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動アンテナ試用

息子の気分転換とアンテナの試用を兼ねて、柏市(手賀沼方面)へ移動しました。送信、受信とも問題ないようです。もう少し使い込んで見るつもりです。アンテナは2分割して、そのまま最後部のスペースへ搭載できました。息子の期末試験勉強の合間のためVO-52 1パスのみで早々に帰宅しました。

Image005 運用中の方向あわせをどうするか・・・。皆さんはどう対処されているのでしょうか?。

 ・千葉県柏市 VO-52 4QSO

来週は長野の白樺峠、乗鞍方面へ行く予定です。泊まりはいつもの白樺湖付近です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は追撃中心?

来週長野の予定なので、今週はおとなしくしています。3連休は6,9に大きな移動があり、固定のアンテナも換えたのでどれくらいできるか追撃をしています。時間の合間にクロスマウントを作りました。

Img_8683 まな板でも良かったのですが、移動用なので、あまっていた木の板で作りました。

明日の月曜は近場に移動をしようかと思っています。

今日17時台に、30数年振りにAO-7を使って交信(JH0PVF局)しました。当時学生で、無線部の文化祭の公開運用の一つとして衛星通信をやろうと言うことになり、慣れるためクラブコールでの運用でした。アンテナは覚えていませんが、リグはTS-700とFT-DX400だったと思います。懐かしい思い出がいろいろとよみがえって来ました。

この無線部は部員の減少に伴い廃部となり、OB有志により再免許され現在に至っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代美術館

移動用アンテナの試用予定でしたが、娘からのリクエストで東京都現代美術館で開催されているジブリのレイアウト展へ行って来ました。入場は基本予約制で、インターネットやローソンで購入します。なお当日券も美術館で販売しているようです。夏休みが終わったので少ないかと思ったのですが、なかなか盛況でした。

Img_8675 展示の終わりの所にある、記念撮影用のレイアウトです。畳1枚以上に拡大されていました。

無線は、朝と夜のパスに出ましたが、アンテナを変えた効果は大きく、FM衛星も十分使用できます。今までCWしかQSOしていなかった局とFMで交信する事もあり、こんな声の人だったのかと、感動です。

Img_8680 バランスを見るため、仮説した移動用の8/12エレです。奥はHF用の釣り竿アンテナとATUです。

今週末の3連休は息子が期末試験で、鳥見はお休みなので、1日は移動用アンテナの試用を兼ねて、移動をと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動用アンテナ製作

今日は息子が来週末から試験で、鳥見はお休みで、移動用の八木系アンテナを製作しました。候補はFOX-727にエレメントを追加する(JF1KIC局のHPで見ました)とJO2ASQ局やJF6BCC局のHPに載っていた、145/435の八木を1本のブームでクロスさせるでした。

まずは送受信を分離することにして、マスプロの8エレ(145)と12エレ(435)のクロスさせることにしました。8エレのブームに12エレを乗せることにして、二本アンテナを一緒にして、エレメントが重ならない、ブームジョイントに邪魔されない所を探して、妥協点を見つけました。そしてほぼ12エレのエレメント間隔を変更することなく合体させました。完成が暗くなったので、写真と試用は明日行う予定です。145/435のラジエター側のブームが重くなりましたが、少し仰角を付けるのであまり関係無いかと思っています。

無線は、アンテナ製作の合間に出ました。土曜はかぶり、特にFM衛星は日本周辺国の不法電波のかぶりが凄いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »