« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

今日の移動

今日は午前中、まだ行っていなかった東葛地区の流山とその周辺に移動しました。今回はFOが快適に運用できるように、145/435のモビホを別々にしました。

千葉県松戸市 VO-52  6QSO ELが10度未満なので、荒川土手の上から

千葉県流山市 FO-29 16QSO 利根運河の脇から。よく聞こえました

千葉県野田市 VO-52 23QSO  利根運河を渡ったところから。予想以上のパイルでした。ダウンリンクも強力でした。

千葉県松戸市 FO-29 14QSO 戻る途中。ホームセンタの2F駐車場から。AOS後ループが取れたのですが、すぐ信号を見失い、おまけにTM-455のダイヤルを触ったようで、しばらく違う周波数を聞いてCQを連発してしまいました。

来週末は息子の鳥見のサポートで上越市へ行くことになりました。12/5の夜こちらを出て、12/6は上越市周辺をうろうろして、12/6深夜から12/7早朝戻ります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は茨城へ

週末は千葉の内房辺り回ろうかと思っていたら、息子から稲敷に行きたいとのリクエストで移動を兼ねました。車で休耕田や蓮田をうろうろするので、タイミングが合ったVOに出ました。最初のVOは稲敷から、次は隣の香取市へ移動中に、電線にオオタカが止まっているのを発見し、時間をとられEL MAX付近でようやく運用開始の状況でした。

茨城県稲敷市  VO-52 16QSO 蓮田の脇から

千葉県香取市  VO-52   6QSO 水生植物園への途中。

今日はVO-52の11時のパスでJA7GAX/6局を発見しましたが、撃沈でした。夜のパスを期待しています。

夜のVO-52にて信号を確認しました。20時台は他の移動局を呼んでいて、気づくのが遅く撃沈。22時台は前に聞こえた付近を入念にワッチしていて、ほぼAOSから確認。必死に呼ぶもまたまた撃沈。信号は強かったのですが・・・・。いつまでか判りませんが、明日も可能な限りワッチします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷にて

仕事でお客さん先へ行く際に渋谷で乗り換えたので、昨日から公開されている、岡本太郎氏作「明日の神話」を見てきました。過去数回一般公開されているのですが、私は始めて見ました。一言「でかい」です。絵は良く判りませんが、迫力が伝わってきました。

Image009 携帯カメラで撮りました。全部入りません。

Image011 なんとか全部入れようとしましたが。

Image016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

袋田の滝

土曜は私に仕事が入り、日曜は天気が良くないは判っていましたが、今が旬の紅葉見物に茨城の袋田の滝へ行きました。今年の9月に滝を上から見下ろすような位置に新しい観瀑台が出来きたそうで期待していきました。紅葉サイトの書き込みで大変な混雑とのことで、朝5時(高速の割引も利用)に出発し、7時過ぎに到着しました。滝を見ている間、雨はほとんど降らず、ラッキーでした。紅葉と滝は期待通り大変綺麗でした。次は水府のつり橋を見ようと、移動を始めたとたんに雨が強くなり、一応つり橋の側の駐車場までで先は断念しました。もう帰ろうと言うことになり、途中息子のリクエストで寄り道をして夕方には戻ってきました。帰り道にVO,FOに出ました。

茨城県常陸太田市  FO-29 5QSO 水府の竜神つり橋の駐車場から

茨城県那珂市     VO-52 13QSO  R348久慈川を渡って常磐道との交差近く

茨城県東茨城郡茨城町 FO-29 4QSO R6沿いのコンビニ駐車場

TM-455の調子が悪かったので、先週修理に出し、土曜に戻ってきました。今回は修理後の初運用でした。雨の関係で送信受信とも1本のSG-7900でしたが、145送信では435への被りが酷くほとんど使い物になりませんでした。次は送受信のアンテナを分けます。TR-851の時はここまで酷くなかったのですが・・・。

Img_9135_2 袋田の滝。今までの下の観瀑台

Img_9143 袋田の滝。新しい観瀑台から。エレベータで上に上がった所

Img_9152 つくば市高崎の森。息子の鳥見で寄りました。そこでビートタケシ氏が監督した「アキレスと亀」のロケが行われたそうで、ロケセットのバス停がおいてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月の@4301帰省予定です

少し早いのですが、アクシデントがなければ年末年始に再び帰省予定です。以前から一度は正月の帰省を考えていて、今年も去年に続きカレンダでは9連休で、来年以降はしばらく長い休みが取れないこと。また、息子が冬の九州での鳥見を希望している等です。

SATに加え、冬なのでLBも面白そうと思っていのですが移動用のアンテナの準備から始めないといけないのと、家族での帰省なので積荷が多く、さらにポールやタイヤベースを積む必要もあり実現は難しそうです。いつものモビホのSATのみになりそうです。

12/26 夜出発

12/27-1/2 熊本

       無線は@43と@46を予定。

               @43でSATのリクエストがありましたら

       ja6szvアットマークjarl.comへ

       場所によりますが極力移動したいと思います。

1/3     戻り

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昨日は

9日は8日と打って変わって、不完全燃焼でした。夜/6の移動局を見つけコールするもFO,VOともに撃沈、FOの最終便に期待するも信号を確認できず・・・。得意の北上パスでしたが、自身のループを見失う場合もありました。

XUへは当然のごとく火柱が立っていました。さすがに普段(私も再デビューからさほど時間は経っていませんが)聞かないコールが聞こえいました。その為かパイルもHFや6mを彷彿させるものがありました。(呼び倒し?)

なお朝から風邪気味で喉が痛く、一日じっとしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XU&ISS,その他

SATの初運用となるXUですが、昨日の夜のパスから参戦しました。が、予想通り厳しく結局撃沈。今日11時のパスも参戦することにして、今日の移動はお休みしました。私のロケから北上パスは得意といるパスなので期待が持てました。予想通りなんとかgetできました。これで明日は移動ができます。SAT以外でも、と思いHFも聞いています。

今日はISS(NA1SS)とも交信できました。どこかのHPかプログで最近ISSと交信した記事を見たので、もしかしたら週末チャンスがあるかと、KSATにもFOやVOと同じグループに登録して常時通過時間が確認できるようにしていました。朝と21時のパスは聞けずに、22時のパスもギリギリに気づいてワッチすると強力なCQが聞こえ、慌ててスプリットの準備をしてコールしたらQRZ?の返答があり、2度目のコールで交信できました。OPはマイクさんといい、日本語も少しできる方でした。MELが40度以上あり信号はピーク59++のフルスケールでした。久しぶりに新鮮な興奮でした。

その他夕方のVO-52のパスでYL局(移動局)とも交信でき、久しぶりの充実したSATでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新市祭りの後夜祭?!

11/3は旅行の疲れもあり、一日ゴロゴロしていました。夜伊佐市、種子島他を移動されていたASQ局が@43県で運用と言うことでパイルに参加しました。相変わらず凄いパイルとそれを捌くテクノの凄さに関心していました。VOで熊本市はgetできましたが、菊陽町はNGで次のFOでgetできました。いずれも土地勘のある所なので、どの辺りで運用されたか、blogでの報告が楽しみです。その他にもトカラ列島(鹿児島郡)のSATの運用もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JA6SZV/7 終了

予定通り1日は伊豆沼周辺、夜石巻にて泊まり、2日は周辺観光をして2日夜@1204へ戻りました。天候もよく楽しい東北遠征でした。走行距離はおおよそ1000kmでした。SATはVOを運用しました。今の設備でFM衛星は苦手で、FOでの435への回り込みが酷くTM-455の受信が気になっています。

・宮城県栗原市   AO-51 3QSO  VO-52 5QSO

・宮城県登米市   VO-52 12QSO

・宮城県石巻市   VO-52 10QSO(1日夜) 

・宮城県石巻市   VO-52 12QSO(2日朝)

・茨城県小美玉市  VO-52 12QSO

Img_9067_4  伊豆沼朝の塒立ちです。まるでマガンのカーテンが頭上を覆うようです。到着時は雨が降っていて、明け方止みましたが、太陽は雲の間でした。栗原市獅子が鼻

Img_9074_3 付近の田んぼです。マガンが沢山集まっています。

登米市伊豆沼の南

Img_9090_3 蕪栗沼(大崎市側から)の塒入りを見ました。塒立ちとは逆に、周囲から沢山マガンが集まって来て、すぐには沼に降りず、少し周囲を旋回しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着 JA6SZV/7

昨日の22時前に出発し、3時過ぎに宮城県栗原市伊豆沼に到着しました。6時のAO-51では3QSOで、その後はASQ局が聞こえたので、控えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »