« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします

いつも私の拙いプログを読んでいただきありがとうございました。

今年を振り返ってとか、28,29,30日の旅行記とか書きたいのですが、家に帰り着いたのが今日の3時頃でした。まだ家のこととか、部屋の片づけとかをやっていて、まとめる暇がなさそうです。

とりあえず、今年のお礼です。コンテストや移動で交信していただ各局を始め、お世話になりました。みなさんお年をお迎えください。

| | コメント (2)

伊勢方面へ家族旅行

暮れも押し迫った12/28-30に家族で伊勢方面に旅行中です。

28日は鳥羽泊、29日は南紀勝浦泊の予定です。
目的はやはり式年遷宮で、夏に出雲大社に行きそして今回は伊勢神宮です。
今は、ちょっと寄り道している静岡です。

| | コメント (0)

今年最後の3連休 その2 AMコンテスト

去年は急に仕事が入り、参加できなかったAMコンテストに2年振りに参加しました。いつもの移動で場所はこれもいつもの筑波山中腹にしました。日の出前に到着し、カップメンの朝食の後、設営をして開始を待ちました。

30分ほど前に50.550を確保し数局交信の後、コンテスト突入です。開始1時間半位は途切れることなく呼ばれました。50MhzAMで開局した頃、当時Esで受けたパイルを思い出し、サフィックスの1文字でも取ろう集中してパイルの山を崩していく、久しぶりの感覚に興奮しました。

最近は移動やコンテストでCWやRTTYが多いのですが、何年ぶりですねとか、まだ私が熊本の頃にQSOしましたとか数局から言われました。次回からはSSBも出ようと思いました。

肝心の結果ですが、いつもの言葉ですが、有力局も沢山参加していていずれも信号が強力でした。したがって去年と比較すると入賞は難しそうです。スコアは去年の入賞に届いているのですが・・。

交信いただいた各局ありがとうございました。これで今年のニューイヤーパーティから始まったコンテストも終了です。また来年もよろしくお願いします。

2013am後半の落ち込みを少なくすることが課題なのですが・・・。半分過ぎたころにS&Pに変え、その後Runに戻ると時に周波数の確保に苦労しました。このタイムロスが・・・。その後はRunの連続で終了を迎えました。

20131223_7_04_21


いつも、移動風景です。今回は5エレにしました。ラジエタの白い点は月です。

| | コメント (0)

今年最後の3連休 その1

12/21土曜は、病院でした。今年の人間ドックの結果が届き、再検査が必要となりました。検査内容から現在定期的に飲んでいる薬を一端お休みする必要があり、かかりつけの病院にその期間の確認に行って来ました。

12/22日曜は久しぶりに息子のリクエストで早起きして、北関東へ鳥見でした。息子を待っている間にこちらも久しぶりに無線をしました。今回は時間があったので7Rと10CWに出ました。運用は大田原->那須郡那須町->那須塩原->大田原でした。戻ってきたら、今度は真岡の井頭公園のリクエストがあり、移動の途中のさくら->塩谷郡高根沢町は路肩から7R、真岡は公園の駐車場から7R,10CWでした。5時前に出発し18時頃に帰宅しました。

| | コメント (0)

全国CW王座コンテスト結果

早くも今年の全国CW王座決定戦の結果が発表になっていました。関係者の尽力に感謝します。

今年はフル参戦出来ず、足跡だけでしたが、57位でした。

驚いたのは1位の局が/1の移動局でした。数々のコンテストで素晴らしい結果を残されている局です。パワー勝負と思われるローバンドでMAX50Wで並み居る強敵をかわしての優勝は本当に素晴らしいと思いました。どんな設備、オペだったのか大変興味があります。私もいつかオーナメントを思っているですが、励みになります。

今回もストレートキーでの参加でした。操作方法については、CW友の会や他のHP、中には動画付で説明されていますが、按下式と反動式があり私は反動式(もどきかも)を使用しています。反動式は按下式と比べて、高速打鍵ができて、長時間打鍵しても疲れません。

うる覚えですが反動式と按下式は信号でもその違いがあったと思います。通常短点、長点の符号の間隔は短点1つ分ですが、反動式の場合は、長点の後の符号の間隔が、短点の後のそれより少し短くなったと思います。

ストレートキーを使うのはこのコンテストとのLet'sA1だけなので、もう少し他のコンテストや通常交信でも使おうと思います。

| | コメント (0)

知覚過敏

また、久しぶりの書き込みです。先月から右奥歯(以前虫歯となり、詰め物をしています)が沁みるようになり、痛みも出たので詰め物の下が虫歯になったかと思い、思い切って歯医者へ行ってきました。

診断結果は、虫歯ではなく知覚過敏であろうとのこと。レントゲンも撮ったのですが、虫歯らしい痕跡はありませんでした。

ただ、知覚過敏も虫歯も仕組みは一緒だそうで、歯の中心から外に向かって、細かな神経や血管が通っていて、歯茎から出ているエナメル質で囲まれているところが、虫歯となって神経が露出して刺激を受けて痛くなるのが虫歯で、歯茎が下がって、エナメル質が囲まれていないところが露出して刺激を受けていたくなるのが、知覚過敏だそうです。

とりあえず、露出しているところをコーティングして、知覚過敏用の歯磨きを貰って様子を見ることになりました。現在は、多少沁みる、痛みは減りましたが、まだまだ痛みが続いています。あまり続くようだとまた歯医者に行こうと思っています。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »