« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

今年もありがとうございました

今年一年、私の拙いブログを読んでいただき、また数々のコンテストで交信いただきありがとうございました。

来年も、今年同様よろしくお願いします。

みなさん、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

年末旅行 二日目

宿は、簡単な朝食があるので、食堂へ。ここで、びっくり。日本の方ではない人が沢山。ちょっと圧倒されてしまいました。ちょっと想像外でした。

今日はまず大垣へと思ったのですが、息子から付近に日本三大稲荷ともいわれる千代保稲荷神社があるということで、そちらへ。全体にこじんまりしていましたが、朝早くても沢山参拝者がいました。商売繁盛と言うことで、小ぶりの熊手を買いました。

次は、大垣と言うときに、この辺りは輪中と呼ばれている話題が出て、それではと近くの資料館を探し、海津市歴史資料館へ行きました。教科書で見た、輪中の成り立ちや中の生活の展示がされていました。また3Fには江戸時代の御殿様式の部屋があり、???と思っていたら、海津周辺は高須藩の所領で、高須藩は尾張徳川の分家で、江戸時代末期に新撰組を創設した松平容保も当時の高須藩藩主の4男だったそうです。

思わぬ寄り道をし、ようやく関ヶ原の戦いでも有名な大垣城、松尾芭蕉の記念館を回りました。

岐阜城から犬山城を見て帰ろうと思ってましたが、時間が無くなり、岐阜城を見て帰ることにしました。岐阜城は険しい山の上で、ロープウェーの発着場から結構歩きました。よくこんな山の上に城を作ったものだと感心しました。降りてきて、資料館へ行きましたが、なんと休館日でした。残念。

また隣には名和昆虫博物館があり、こじんまりとしていましたが、展示は豊富で、一部は購入することができます。ちなみにモルフォ蝶は2,500円でした。

最後に近くの崇福寺をみて高速はほぼ息子が運転し、渋滞にもまかれず、22:30過ぎに帰宅しました。

余談。

娘か、名古屋は名古屋走りと言う、少々変わった運転があるので気を付けてと言われていました。確かに、私が見たケースでは、右折レーンから交差点直前で直進レーンに割り込む。直進赤で、右折矢印が出ている時でも交差点に侵入し、直進する。赤で交差点に侵入する頻度が高い(普通の路線バスも見ました)。

こちらでも見るケースはあるのですが、気にしている為か頻度が多いような・・・。

無事に帰れてよかったです。

20141228_9_03_47


千代保稲荷。名刺やネクタイが奉納されていました。

20141228_10_08_52りっぱでした。海津市歴史資料館

20141228_11_04_52


大垣城。

20141228_14_27_00
金華山の山頂。岐阜城

| | コメント (0)

年末旅行 一日目

12/27,28は年末旅行で名古屋、岐阜方面へ行って来ました。

まずは、一日目。

年末年始休暇の初日で、帰省ラッシュが予想されJHの渋滞予報でも、東名、新東名の合流後三ヶ日から渋滞が予想されていたので、4時過ぎに出発しました。しかし途中は、思ったより車が少なく、拍子抜けして8時過ぎに、最初の目的地 名古屋港水族館に到着しました。開館は9:30なので、゜それまで、近く喫茶店(珈琲物語)で、名古屋名物のモーニングを食べました。

水族館は開館直後でもありシャチ(鴨川シーワールドからやってきたそうです)、イルカ他ゆったり見物できました。大きく立派な水族館で、ウミガメは沢山飼育していて人工浜を作ってあり、繁殖も積極的に行っていました。全体に個別の水槽ではなく、テーマを決めて、複数の魚を自然に近い形で展示してありました。

次は、熱田神宮へ行きました。ここは伊勢神宮が近く、御神体が草薙の剣だそうです。お正月の準備が進んでいました。次は、娘りクエストてで大須商店街へ行きました。予備知識が全くなかったのですが、秋葉原のような電気街、ホビーショップ、上野のようなバイク用品店、そのほか家具さん、テイクアウトのから揚げや、たい焼き他種々雑多な感じの町でした。少し外れに大須観音様がありました。

大須から、名古屋城へ、清州城にも寄りたかったのですが、時間の関係でパスして、一の宮の地名の由来となった、尾張一の宮の真清田神社から、宿のある岐阜羽島に行きました。

無線は、いつもの7Rをほんの少しでしたが、信号がリパースしているとの指摘を受けました。その後も599++の信号が復調できないこともあり、不調でした。

20141227_10_53_34
名古屋港水族館。左側には南極観測船だったふじが展示されていました。

20141227_10_46_22


シャチ。3頭いました。のんびり、まったりした雰囲気でした。

20141227_11_49_55


尾張三の宮、熱田神宮

20141227_12_38_16


大須観音です。お昼はきしめんにしました。

20141227_14_38_34
名古屋城です。しゃちほこが光り輝いていました。

20141227_16_31_04


一の宮の真清田神社です。

| | コメント (0)

電信電話記念日コンテスト結果発表

締切から1か月で、10/23に開催された電信電話記念日コンテストの結果が発表になっていました。

NTT HFマルチバンドシングルオペで6位でした。平日開催なので、会社を休まないとフル参戦できないので、副賞狙いで、なるべく多くの局との交信を目指しました。

残念ながら今回もハズレでした。また来年も足跡だけでも参加したいと思います。

| | コメント (0)

1エリアAMコンテスト 参加

今年最後のコンテストとして、1エリアAMコンテストに参加しました。

いつもの移動で、場所も去年と同じくつくば山中腹にしました。

コンテスト開始前に50.500を確保して数局交信しました。開始少し前に原因不明のノイズレベルの上昇がありましたが、コンテスト中は気になりませんでした。

開始から40分ほどはパイルが続き、順調に局数、マルチが伸びましたが、一息つくとCQの空振りが多くなり、一端S&Pに変更して、未交信局をピックアップし、またRunに変更を繰り返して時間となりました。今回は、runの頻度をかなり多めにしたのですが、スコアは去年を大きく下回る結果となりました。

去年より参加局数が少ない印象でした。と言うのも、S&PからRunに変更する時に周波数の確保が楽にできました。しかし、500-800以上までほぼ10Khz毎にAM局が並ぶのは壮観です。

主催者は大変かと思いますが、貴重なAMのコンテストとして来年以降も続けてもらいたいと思います。

さて、スコアですが、148QSO 90マルチでした。QSOいただいた各局ありがとうございました。また、来年もよろしくお願いします。

2014am


2013年との比較です。後半の落ち込みが相変わらずです。

20141223_7_08_41
マストトップに5エレと90度ずらしてΔループを付けてみました。

あまり、効果なかったような・・・・。

| | コメント (4)

雑感

最近のコンテストでは、電子ログの受付が多くなっていますが、全国対象のローカルコンテストの集計の手伝いをしている局からの話です。

規約には提出様式が記載されているのですが、規定ではない様式での提出があると言っていました。ケースを幾つか聞いたのですが、コンテストプログラムの画面表示を右クリックでなぞってコピぺしたもの、スコアでQSO数、点数、マルチを全部掛け算したもの、etc。

このコンテストでは、極力救済するようにしているそうです。

この話を聞くと、電子ログ提出が増えつつありますが、主催者の集計の労力は大変なものではと思ってしまいました。結果でログ形式不備での失格ってあまり見ませんので。

我が家ではここ数年、年末年始の休みに旅行することが恒例になりつつあります。過去には房総の健保の保養所や、滋賀・福井、伊勢・熊野などに行きました。で、今年はと言うと、12/27,28に名古屋、岐阜になりました。ルートは、名古屋水族館から北上して、熱田神宮、大須、名古屋城、清州、大垣(泊)、岐阜周辺の予定です。無線はいつものようにタイミングを見て出ます。

12/23はAMコンテストがあります。なんとか参加したいと調整中です。

| | コメント (0)

FDコンテスト 結果発表

今年のFDコンテストの結果が本日発表になっていました。昼過ぎに、JARLからログチェックの結果と合わせて発表の通知メールが来ていました。

チェック結果は、1局ミスがありました。

結果は、去年の優勝局や、他のコンテストの有力移動局の不参加があったり、スコアも去年を下回っていましたが幸運(まぐれ?)にも全国、関東で1位でした。

交信いただいた各局ありがとうございました。

| | コメント (2)

今週もちょっと移動

先週に続けて、YSに赴任している局との交信の為、移動しました。

今回は、なるべく自宅から近く、もう少し東が開けていると言うことで、栄町の利根川の土手にしました。

6時頃到着し、いつもの28Δループを上げ、オープンを待ちました。 6:30頃クラスタにポストされた周波数を聞くと、かすかに聞こえました。しかし呼べる強さではなく、コンディション上昇を待ちました。CQ japanの信号が、徐々に上がりJAとQSOが進んでいました。QSBのピークでCALLするも応答なし。ようやく7時頃には安定して聞こえるようになり、なんとかQSOできました。QSOできたのはYS1/NP3JAでした。

その後少しワッチするとCWでVP5がCQを出していました。結構CQの空振りがあったので、交信できるかと何度か呼んだのですが応答無でした。その内急にパイルが大きくなったと思ったらクラスタに上がってしまいました。

20141206_6_22_03



少しは利根川の水面反射の効果があったかも

| | コメント (4)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »