« 熊本帰省 1日目 移動のみ | トップページ | 熊本帰省 3日目 »

熊本帰省 2日目

今日は夜に家族との会食が予定されている以外用事が無いので、娘のリクエストで山鹿の古墳博物館を中心に城北を回りました。

まず、肥後銀行付設の美術館で開催されている、再現された蛍丸を見に行きましたが、9:30開場で既に数人の人が待っていました。本物は、戦後のどさくさで行方不明となり、残っている写しから復元されました。

次は久しぶりに田原坂公園へ。西南戦争の激戦地となった田原坂の一角を公園にして、資料館が作られています。資料館はリニューアルされていて、当時の様子をジオラマ、映像を多用して判り易く展示されていました。来年の大河ドラマは西郷さんなので、今後賑わうかと思います。

田原坂公園から、山鹿の古墳博物館へ。こちらも数年ぶりですが、熊本地方に多く見られる装飾古墳の代表的な古墳をいくつか実物大で複製展示してあります。
古墳博物館の後は、山鹿灯篭館へ。ちょうど旧盆に山鹿灯篭祭りが開催されますが、これは景行天皇の筑紫路巡行の時に、霧が立ち込め山鹿の住民が松明を焚いて迎えた故事にならったと言われています。

灯篭館の後は、鞠智城址へ。ここは、7世紀後半、白村江の戦いで日本が敗れたことから、唐の進行に備えた西日本防御の拠点のひとつとして作られた古代山城です。
2日はここまでで、熊本市内の日帰り温泉で汗を流して、会食に向かいました。

無線は、ペルセウス座流星群極大の関係か、昼前からEsが開けていて、田原坂でCW1局
鞠智城址では、デルタループを使い、クラスタにあがった事もありRTTYのみで20数局と交信できました。なお、鞠智城址は名前はきくちですが、場所は山鹿市と菊池市の境界に近い山鹿市側にあります。


20170812_11_30_21田原坂にあった土蔵。弾の跡が激戦を物語っています。



20170812_12_41_33古墳博物館内のチブサン古墳の復元。装飾が乳房のように見えることからチブサン古墳といわれています。


20170812_15_57_41鞠智城址。コンディションが上がったので、あわててデルタループをセットしました。

|

« 熊本帰省 1日目 移動のみ | トップページ | 熊本帰省 3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊本帰省 1日目 移動のみ | トップページ | 熊本帰省 3日目 »