« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

奈良旅行 2日目

前日は雨の天気予報がうまく外れて傘が要りませんでしたが、今日は予報通り朝から雨で、まずは橿原神宮へ。令和の初日とあって神宮のご朱印を求める参拝者が既に数十人並んでいるとか・・・。橿原神宮は創建は明治時代ですが、主祭神が神武天皇で日本発祥の地になるそうです。近くには神武天皇の陵墓もありました。

次は橿原考古学研究所の博物館へ行く予定でしたが、1月から改装のため閉館中でした。残念。

もう少し橿原、明日香を散策したかったのですが、大仏様も見たいので丁度飛鳥宮から、藤原京、平城京と都が移動するルートでまず平城京跡に行きました。資料館では展示物を見ながらボランティアの方の丁寧な説明を聞くことが出来ました。見渡す限りの草地の中に復元されている大極殿や朱雀門などがあり、大きさを感じました。

奈良公園に到着し、混雑の中春日大社の駐車場にとめることが出来き、時間の関係で春日大社、東大寺を見物して帰りました。

いつものように1泊4日の強行軍でしたが、丁度平成から令和へ年号が変わるタイミングで最初の年号と言われている大化が始まった明日香を訪れることができた思い出深い旅行となりました。

無線は、強行軍だったのでリグに火を入れる間もありませんでした。

神武天皇陵墓

平城京。太極殿

春日大社。藤が綺麗でした

 

| | コメント (0)

今年のGW 家族旅行は奈良 1日目

その前に今日の東京コンテストは疲れで不参加、家でごろごろしていました。

4/28,29にALLJAに移動で参加し、中1日置いて、4/29夜出発し、5/2早朝帰宅はいつもの1泊4日の強行軍だったので、さすがに年齢もあり5/3早朝から移動での参加は無理でした。

さて、毎年恒例のGW家族旅行は、私がまだ一度も観光したことの無い奈良にしました。見て回るところは沢山ありますが、1泊2日なので今回は橿原に宿を取り最後に大仏だけは見てみたいので、名阪国道から南に下って飛鳥周辺を回り、北上して奈良の大仏を見て、名阪国道で帰るルートにしました。

22時頃出発し、東名、新東名、伊勢湾、名阪国道を通ってほとんど渋滞は無かったのですが、かなりの雨の中の走行となり5時前にまず、日本最古の神社と言われている大神神社へ。到着するころには雨もやんで、早朝の澄んだ空気の中荘厳な雰囲気をかもし出していました。途中の展望台では、大和三山も眺めることができました。

次は、長谷寺へ。長い階段を上った先の日本最大の木造観音様の本堂からは、新緑の合間からお寺の伽藍がいくつも望めました。長谷寺から、桜井市埋蔵文化センター、纏向遺跡、そして卑弥呼の墓ではないかと言われている箸墓古墳をみて明日香へ向かいました。

明日香は飛鳥資料館(最近改装されたのか、展示内容が充実していてC/Pが高い資料館でした。山田寺の回廊の復元とか凄い)、飛鳥寺(お寺はこじんまりとしていますが、安置されている大仏様は日本最古とか、蘇我入鹿の首塚も近く)、万葉文化館(こちらも展示が充実していました。丁度イベントで飛鳥時代の装束の着付けをやっていました)、高松塚古墳(本物は直接見ることは出来ませんが、隣の資料館のレプリカがあります)、石舞台(遺跡保存のためか入場料+駐車場代を取られました)ほかをみて回りました。

ほかに、安倍文殊院、岡寺、いくつかの古墳も見たかったのですが時間の都合でパスとなりました。キトラ古墳の壁画は国立博物館で見たので今回はパスしました。

大神神社の二の鳥居

ご神体の三輪山。三輪そうめんの発祥の地とか。

長谷寺

箸墓古墳。卑弥呼の墓説がある。

長谷寺の大仏様。1000年以上もここに鎮座されています

 

亀形石。目的は諸説あるそうです

高松塚古墳

 

高松塚の近くの天武天皇陵

石舞台

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »